広島で家具・家電をレンタルするなら設置から撤去・清掃までお任せの「広島家電レンタル」へ!

F =

0120-334-080

(タップでTELできます)
受付時間 9:00~21:00

家電レンタルは個人の方でもお申込み
いただけます。LINE@からもお問い合わせOK!

友だち追加

ブログ

広島でひとり暮らしが決まったら!初心者向け、広島市の歩き方。

2016.11.28

PPG_yuuhiwoseniukerugennbakudome_TP_V
広島は国の出先機関や企業の支店などが集まる有力な支店経済都市であり、中国・四国地方の中で多くの企業・教育機関が集まっています。
さらに今年は広島カープ優勝で盛り上がったり、オバマ大統領が訪問されたり、広島が注目されるシーンも多くありました。

そんな広島へ「単身赴任者」や「進学」で、新しい暮らしをスタートする人に広島での引越し予算やコツを解説します。
広島は観光・食・都市ライフがコンパクトに充実した暮らしやすい場所です。
まずは広島市暮らし初心者さんへ知って頂きたい広島市の概要をご紹介します。

広島のひとり暮らしスタート予算

まずひとり暮らしの住居代金ですが、1Kもしくは1LDKだと平均的に4万円から8万円ぐらいの家賃。(広島市周辺の相場)
そこに管理費用が3000円から5000円ほど上乗せされます。
初期費用として敷金・礼金が必要になりますから、平均的に20万円ほどは必要になるでしょう。

さらに家電や家具を買いそろえるとなると単身としても必要なものはざっと
冷蔵庫・ガスコンロ・掃除機・洗濯機・炊飯器・エアコン・電子レンジ・テレビ・レコーダー・照明・ベッド・机・椅子・
収納家具・本棚ラック・キッチン収納・食器類・鍋類・カーテン・シーツ・布団枕・毛布・ラグ・カーペット・ダストボックス・・・
もちろん、自宅から持ち込むものもあるので、すべてそろえるわけではないと思いますが、ざっとひとり暮らしの部屋に必要な家具家電類はこのとおりです。
これをもし、一からそろえるとなるとさらに予算20万円ぐらいかかるかもしれませんよね。

引越しの際はなるべく家電・家具は買いそろえず、レンタルから始めるのが安くて簡単。

引越しは慣れない土地で不動産会社との交渉・新しい生活のスタートなど、体力も気力も非常に消耗して疲れるもの。
おそらくその土地に頼れる人がいない人がほとんどなのではないでしょうか?
知らない土地でひとり生活を起動に乗るまで3か月ほどかかるのではと思います。

引越しに消耗する体力気力をなるべくお金をかけず、ラクに済ませられるのであればそれにこしたことはありません。
そこでオススメしたいのが引越しの際の家具家電はなるべくレンタルからスタートすること。
住居費用でまとまったお金が必要になるうえに、家具家電を新品で揃えると上記のように20万円ほどは必要になると思いますし、
しかも購入した家具家電は運搬まではしてくれるとしても、設置などは自分で行わなければなりません。またエアコンなど大物家具は追加で工事費用が必要になるかと思います。
そこで家電・家具レンタル会社(広島なら広島家電レンタル)を利用すれば大物家電・家具の配送・設置まで行ってくれるし、良心的な価格設定のところもあります。
しかも修理・回収が必要になった際も対応。体力に自信のないひとり暮らし女性でも安心できますし、さらに希望で女性スタッフ対応も可能です。

ひとり暮らしも3か月ほど経てば軌道にのり、気持ちの余裕がでてきたら、レンタルしている家電の契約を終了して自分の好きな家電や家具を少しつづ買いそろえていくのでもよいでしょう。
ちなみに1年から3年ぐらいしたら実家に戻るという人は特に家電・家具のこだわりがなければずっとレンタルし続けるほうが安く済む場合もあります。
購入後の家電の処分にお金も発生しますし、大物家具は粗大ごみになり、これも処分にお金が必要です。それら諸手続き等を考えると処分や修理のわずらわしさがありません。

気になる広島の都市

【八丁堀周辺】
広島市内の中心街で、官公庁関連の施設やオフィス、またショッピングを楽しむ街であり、まさに広島の「今」を感じられる場所。
大手百貨店や映画館、歴史ある庭園など環境は抜群。それだけに広島市内での家賃は高めで平均10万円ぐらい。

【紙屋町周辺】
広島市内のアクセスポイントともいえる場所。世界遺産「原爆ドーム」がある平和記念公園の最寄りとなる場所です。
広島城、川、美術館、ホテルなど様々な施設が集結しており、地下街もショッピングスポットとして充実。
歴史を感じ趣がありながら便利な場所。家賃も高めだが、築年数や場所によっては手ごろな家賃もある。

【市役所周辺】
市役所周辺は交通機関が充実しているので、八丁堀や紙屋町からアクセスが良い場所にあり、
官庁関係がまとまってあるので、住むには便利な場所。家賃相場は平均6万円ぐらい。

中区の中心部(紙屋町、袋町、本川町、十日市町、土橋など)を外せば、5万円以下の家賃も多くあります。
職場に近い、学校に近い場所と都市部へのアクセスを考えて選ぶのがよいでしょう。
中心部まで電車で15分から20分ほどでアクセスできればさほど生活に不便はないと思われます。

広島の足となる、路面電車を使いこなそう!

広島市内には特定時のみ運行するものも含めておよそ23種類もの路面電車が走っており、全国一の車両数を誇る。
「動く電車博物館」と言われ、鉄道ファンの人たちがわざわざ写真を撮りに広島へ訪れるほどである。
http://www.hiroden.co.jp/train/use/fare.html
市内線均一運賃は160円(白島線乗り切り110円、一日乗車券600円)
お得なのは『乗り換え制度』があり、運賃を払って下車する際に車掌さんか運転手さんへ『●●へ乗り換えます』と伝えると
乗換券を配布してもらえ、それで目的地まで160円で行くことができます。
※乗り換え券を配布してもらえる駅は限られており、宮島線は対象外となります。事前にご確認ください。
(2016年11月現在)

まとめ

いかがでしたでしょうか?広島市は街がコンパクトにまとまっており路面電車も充実していてとても住みやすい都市です。
さらに多くの観光スポットもありますので、週末少しづつ、観光スポットを制覇していくのも楽しそうです。
あなたが広島で快適で楽しい新生活をスタートできますように!

一覧へ戻る