広島で家具・家電をレンタルするなら設置から撤去・清掃までお任せの「広島家電レンタル」へ!

F =

0120-334-080

(タップでTELできます)
受付時間 9:00~21:00

家電レンタルは個人の方でもお申込み
いただけます。LINE@からもお問い合わせOK!

友だち追加

ブログ

勝間和代、ミニマリストに学ぶ【ひとり暮らしの収納管理術】

2016.08.15

minimarisut
突然ですが「ミニマリスト」ってご存知ですか?
多くの物を所有せず最低限のものだけで暮らす人々です。

この「物をもたない」ミニマリストがジワジワと増えています。

また勝間和代さんの最近の著籍である「2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム」も話題になりました。

勝間さんは部屋を綺麗にしたら「痩せた」「彼氏ができた」「自分自身に自信がもてるそうになった」など部屋を綺麗にすることで色々な嬉しい効果があったそうです。部屋が綺麗になっただけ、物だらけの部屋に住まないだけでどうしてこんなにも変わるのでしょうか?

この記事ではひとり暮らしの整理整頓のヒントをお伝えします。


片付けが苦手な人の「苦手の理由」

dame
部屋を片づけることが得意な人、苦手な人がいると思います。
まずなぜ片づけが「苦手」になるのでしょうか?

それは以下の点の原因が考えれます。

  • 「物」の収納場所がない
  • 「物」が帰る場所(置き場)が定まっていない
  • 色々な物がごちゃまぜに置いてある

【「物」の収納場所がないのは、つまり物を多くを持ちすぎているのです】
これを勝間さんは「収納破産」と言っています。収納場所に対して物が多すぎてしまっているのです。
これは収納場所を増やすか、物を捨てるしか方法はありません。

【「物」が帰る場所がないというのは、つまりその「物」の定位置がないということ】
例えば外出から帰ってきた後、財布や携帯はどこに置きますか?玄関口?テレビの上?
このような「置き場の決まっていない物」たちが増えると、片づけること自体ができないのです。

【色々な物がごちゃまぜに置いてある】
例えば教科書類がある本棚に、ダイレクトメールやクレジットカードの明細などが入っていると、本当に必要な時に必要なものがどこにあるのかわからなくなってしまいます。書籍類、確認書類類など、「類」によって収納しないと探す手間ばかり増え、これも片づけが苦手という意識を生みやすくなります。


物を少なくして管理のわずらわしさを減らす3つのコツ

room
【物は「類」で分け、忘れ物は玄かん周りの収納で予防する】

物の収納が苦手という方にお勧めしたいのが、とにかく「類」で分けてしまうこと。
これは色々な片付け術の本にもありますが、ブックエンドでも紙袋など使用し
類ごとにとにかく分けてしまうことです。この目的は「探す手間を少しでも減らす」ため。
これらの収納術はぜひ書籍などで自分に合った収納方法を模索してみてください!
さらに物の整理整頓が苦手な人の特徴として「忘れ物」をよくしてしまうのではないでしょうか?
物を探している間に持っていかなければならないことを忘れてしまったり、物があふれているために思考がすぐ目の前の物に奪われてしまうためです。物の配置のコツとして1つご紹介したいのが玄関まわりの収納を変えることです。
玄かん周りに見える収納(壁掛けフック等)を充実させ、持ち物置場に変えてしまうことです。
例えば近日中に持っていかなければならない事を忘れないために曜日ごとなどにフックを分けておきそこへポンポンそこへ入れておきます。

ただ、セキュリティには配慮してくださいね。

【「断捨離」や「整理整頓」にまつわるおすすめ書籍を読む】

片づけの本を読んでみてください。むくむくと「片づけたい!」という欲望が湧いてきます。
部屋の整理整頓もある程度は勢いが必要です。
このような書籍で「片づけたい!」という感情を一気に盛り上げて片づけに取り組むきっかけづくりをしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ著書
honwoyomu

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。断捨離からミニマリストへ」著者:佐々木 典士
「2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム」 著者:勝間和代
「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤 麻理恵

【家電はレンタルする】
家電にしてもあれば便利ですが例えば壊れてしまった家電はどうしますか?
捨てるにも手続きやお金がかかりますよね。そんなことを考えると面倒になり捨てずについそのまま放置してしまいそうです。
一見お金も手間もかけないでただ壊れた家電を放置しているだけのように思えますが、これも知らない間に「コスト」がかかっているのです。
それは「家賃」。ほとんどの方が家賃を払ってひとり暮らしをしていると思いますが、この物置場に家賃を払っていることなのです。
家電をレンタルすれば、壊れた家電の処分にも煩わされないですし、修理は電話一本で済ませられます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
ひとり暮らしの部屋収納は限られていて、本当にあっという間に物でいっぱいになってしまいますよね。
限られた収納スペースを有効に使うために、上記のコツを参考にしてみてください。
快適なひとり暮らしの部屋のために、広島家電レンタルはあなたのお手伝い致しますので
家電や家具のレンタルなどお気軽にご相談くださいね!

一覧へ戻る